敏感肌 化粧水 50代

MENU

敏感肌化粧水を正しく選ぶ基準:50代編

 

50代の化粧水は、やはりアンチエイジング効果のあるものを選びたいところです。

 

特に敏感肌の場合は肌のバリア機能が弱いため紫外線などの刺激を受けやすく、シミも増えますし、また乾燥も進みやすいため小じわができやすくなっています。

 

さらに刺激による炎症を繰り返すことで肌のハリを支えるコラーゲンが切断され、しわやたるみといった年齢サインが出やすいのも特徴です。

 

乾燥しがちな50代の敏感肌には肌が内側からうるおってふっくらするようなケアが必要です。
皮脂も不足しているため油分の補給が必要と考えがちですが、過剰に油分を与えてしまうとかえって自ら皮脂を分泌する力が失われてしまうので、
油分は少なめで水分をたっぷりと補給するケアを心がける必要があります。

 

敏感肌の場合、単純にエイジングケアという視点だけで化粧水を選ぶことはできません。
肌に刺激となる香料や保存料、界面活性剤といった成分が入っているものはもちろん避ける必要があります。
そのうえで、ゆらぎやすい敏感肌を安定させ、バリア機能を強化して肌内部のうるおいを守るケアをします。

 

保湿力や炎症を防ぐ作用のある植物エキスを配合した化粧水を選ぶとよいでしょう。
それによって肌の状態を安定させるとともに、しわやしみなどの年齢サインを防ぐことも可能になります。

 

また、ホルモンバランスの乱れも50代の肌老化の原因となります。
天然ハーブを配合し、香りによる癒し効果のあるものもおすすめです。

 

 

敏感肌化粧水のランキングを見てみる ⇒ こちら★