敏感肌 化粧水 20代

MENU

敏感肌化粧水を正しく選ぶ基準:20代編

 

「最近、乾燥が気になり始めた」
「うるおいを与えたいけど、敏感肌だから肌に合うものを選ぶのが大変」
「低刺激だけど、しっかり保湿ができる付け方を知りたい」

 

など、20代になるとお肌のことが気になる方も多いと思います。

 

最近ではアレルギー体質の方も増えてきている中、低刺激の化粧品を選ぶのは大変です。

 

まず、抑えておきたいポイントがあります。
敏感肌の方が化粧水を選ぶ時に見て欲しいこと、それは“成分表示”です。アルコール系、香料、着色料が入っているものは避けましょう。
刺激物が入っていないものがおすすめです。

 

次に、付け方についてご説明致します。
みなさん、お風呂上がりや洗顔後に付けると思いますが、化粧水は暖かい所から先に吸収します。
ですから、素手に取ってパッティングしていると顔よりも掌に成分が吸収されてしまいます。
付ける時はコットンで叩くように付けてあげるのがコツです。

 

更に吸収をよくしたい人には、炭酸スプレーで毛穴を開いてあげてからがおすすめです。
敏感肌の方でも、炭酸スプレーであれば大丈夫です。

 

そして、化粧水はすぐに蒸発をしてしまうため必ず付けた後にはクリームを塗って閉じ込めてあげてください。
いつもと同じケア用品をお使いになったとしても、ケアの仕方一つだけで翌日のお肌の調子が変わります。

 

冬場になると必ずやってくる乾燥。
顔だけでなく、身体にも同様の方法でうるおいを与えることができます。
乾燥が気になる箇所に、是非お試しください。

 

 

敏感肌化粧水のランキングを見てみる ⇒ こちら★